サポニンサプリで免疫効果アップ!子どもも飲める?

海外では老若男女問わず、以前からサプリメントの摂取が盛んでしたが、近年では日本においても積極的に健康食品を日常的に摂っていこうという流れがあります。特にサポニンと呼ばれる成分は、免疫力のアップによる健康維持に効くうえに、ダイエットや美肌などの美容効果もあることから子どもも摂取したいものとして注目されています。特に免疫の改善による健康維持は子どもにとって重要であるため、その理由とサポニンが体内でどのような作用をするのかを分かりやすく解説します。

成長期や思春期の子どもはホルモンバランスが大きく変化するため、体調を崩したり精神的なストレスが増えるなど、心身共に負担を抱えやすい時期と言えます。この時期に慢性的な体調不良が起こると免疫力が低下し、インフルエンザなどのウイルスに感染しやすくなるため、子どもの健康にとって免疫力の改善と維持は常に意識する必要があります。サプリメントは大人が摂取するものというイメージがありますが、サポニンは高麗人参などに含まれる天然成分であり、販売されているサポニンサプリメントの多くも可能な限り天然の状態を維持しながら製品化されています。そのため、推奨されている量の摂取では健康上の問題が生じる可能性は少ないため、年齢を問わず摂取しやすいサプリメントと言えます。

サポニンがウイルスへの抵抗力を高める仕組みには、基礎体温と基礎代謝の上昇が挙げられます。基礎体温が1度でも上がると大幅に免疫力が高まることが分かっており、サポニンは血管拡張作用を中心に体温の上昇をサポートするため、定期的な摂取で基礎体温の改善が期待できます。また、運動量に関わらず日常生活で必ず消費するカロリーの量を示した基礎代謝という値がありますが、体温の上昇はこの基礎代謝をアップさせる役割を持ちます。食生活の欧米化で子どもも肥満を抱えやすい今日ですが、肥満は身体の抵抗力を下げてしまうことが分かっており、消費カロリーを高めて脂肪の蓄積を防ぐ効果は健康維持に大きく貢献すると言えます。また、代謝が上昇すると老廃物の排出が促され、特に肝臓に溜まりがちで心身の疲労を引き起こすアンモニアが流れ出ることで慢性的な疲労を解消することができます。

ストレスを抱えやすい現代では、大人と同じような生活習慣の問題を子ども抱えていることも多いですが、上述したようにサポニンは成長期や思春期でも安心して摂取でき、免疫を強化して健康に役立つ成分と言えます。